同一市内で引越しする場合の業者原価はいくらくらいか?

引越しの料金には、標準見積価格というものがありませんよね?

 

もちろん、家電品のように引越し料金の定価というのもないんです。

 

 

つまり

 

引越しの料金はすべて引越し業者が独自に自由に決めている

 

ということです。

 

こうなると、引越し料金の適正価格がいくらなのかはわかりませんよね?

 

でも、引越し業者の最低限かかる経費から、ある程度の業者原価費用を試算することは可能なんです。

 

 

たとえば...2DK程度の荷物で同一市内の引越しを行う場合を例にして考えてみると、

 

利用するトラックは、2トントラックアルミボックス車×1台は必要になってきます。

 

同一市内ですから当日中に引越しが可能ですよね。

 

2時間で荷物を運び出し、1時間程度で移動し、2時間かけて新居に荷物を運び入れる形だと、作業人員は3名程度必要です。

 

2トントラック車×1台をレンタカーで借りると、12時間で約2万円です。

 

移動にかかるガソリン代は3,000円もあれば足りるでしょう。

 

作業人員は3名ですから、社員1名:12,000円、アルバイト1名:6,000円と仮定します。

 

会社の利益は最低でも30%は必要とすると...

 

23,000円+12,000円+6,000円×2= 47,000円+30% = 61,100円

 

2トントラック1台で、同一市内当日完了で、手揚げなどの特殊な条件がなければ...

 

一式62,000円くらいの原価でできるということになります。

 

 

実際には、一式62,000円の金額で受注してもらえるかどうかは...交渉次第でしょうね。

 

正直、かなりキビシイ努力目標金額になると思います。

 

 

ですが、62,000円までだったら業者さんは赤字にはならないということだけは覚えておくと、交渉には強気で望めますよ。

 

 

>引越し料金同一市内で損しない交渉術!見積りを安くする秘訣3選