同一市内の引越しで必要なことチェックリスト

同一市内の引越しでも、次のような手続きは必要になってきます。
引越し前に一度、全体の流れを知っておきましょう。

 

 

引越しが決まったらすぐに

 

□ 現在住んでいる住居の大家さんへの連絡
□ 転校の手続き

 

 

引越しの2週間前にすること

 

□ 電力会社、ガス会社、水道局への移転連絡
□ 電話会社、NHKへの移転連絡
□ 通販などの定期購入物住所変更
□ 引越し挨拶状、挨拶品の手配・段取り

 

 

引越しの1週間前にすること

 

□ 区役所での住所変更(住民登録、 国民健康保険、 国民年金、 福祉関係の手続き、 印鑑登録、畜犬登録など)
□ 金融機関の住所変更(郵便貯金、簡易保険、預金類)
□ 公共料金住所変更
□ ローン、クレジットの住所変更
□ 株券の住所変更
□ 生命保険の住所変更
□ 火災保険の住所変更
□ 自動車保険の住所変更
□ 傷害保険の住所変更
□ 郵便局での転居手続き

 

 

引越しの2〜3日前にすること

 

□ 引越しご挨拶
□ 新聞の住所変更

 

 

引越し当日にすること

【旧居では】
□ 電気料金の精算
□ ガス料金の精算
□ 水道料金の精算
□ 郵便ポストの投函口封鎖(シールなどで)

 

【新居では】
□ 電気・ガス・水道・電話の開栓確認
□ ご近所へのごあいさつ

 

 

引越し後2週間以内にすること

 

□ 住民登録などの変更手続き
□ 自動車の登録住所変更手続き

 

 

 

このように、同一市内でも引越しで住所変更に伴う手続きは、することがたくさんあります。
上記項目を随時確認しながら、手配漏れがないようにチェックしましょう。

 

 

>引越し料金同一市内で損しない交渉術!見積りを安くする秘訣3選