引越しにいい日、旅立ち?

引っ越しにいい日というのはいつなのでしょうけ?

 

せっかくの引っ越しの日、人生の再スタートの記念日だから縁起の良い日を選びたいという方もいますね。
そんなとき日本では、一般的に『六曜」』で占うことが多いようです。

 

六曜とは暦注の一つです。

  • 先勝
  • 先負
  • 友引
  • 赤口
  • 大安
  • 仏滅

の6つがあります。

 

昔から

 

  • 結婚式は大安がいい
  • 葬式で友引はNG

 

というのはここから来ています。

 

では、引っ越しにはどんな日が良いのでしょうか?

 

・先勝・・・「先んずれば即ち勝つ日」。 午前中が吉で、午後2時以降は凶。

 

 ・先負・・・「先んずれば即ち負ける日」。 午前中が凶で、午後は吉。

 

 ・友引・・・「凶事に友を引く日」。朝は吉、昼は凶、夕は大吉。
       葬式を忌むと言われ、勝負事が引き分けになる日とも言われます。

 

 ・赤口・・・「万事に用いない悪日」。 法事、正午だけは良い。

 

 ・大安・・・「大いに安し日」。 何事にも一番良い日。

 

 ・仏滅・・・「仏も滅するような大凶日」。 何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事は良い。

 

以上のことを総合的に考えると...

 

やはり引っ越しには大安が一番良いということになります。

 

ですが大安は、引越し業者も混み合い、料金が割高になります。
となると、安く引っ越しをするためには...

 

  • 先勝の午前中
  • 先負の午後
  • 友引の朝か夕方

 

が良いということになります。

 

また、あえて『仏滅』の日を選ぶのもアリです。
仏滅は

 

「物が一旦滅び、新たに始まる日」

 

新たに何かを始めるなら大安よりも良い日と言われていますから、
引っ越しに向いているのかもしれません。

 

 

>引越し料金同一市内で損しない交渉術!見積りを安くする秘訣3選