旧居の引越し挨拶は必要でしょうか?

いくら引越しをして居なくなるのだからといって、挨拶をしないというのはマナー違反です。

 

  • 旧居でお世話になった方
  • ご近所づきあいをしていた方

 

には、最低限、引越しのご挨拶はすべきです。

 

何の連絡もなく立ち去る...これはお互いに気持ちの良いものではありません。

 

昔から『飛ぶ鳥あとを濁さず』と言われているように、引越し時にはしっかりご挨拶をしておきましょう。

 

その場合は、直接お会いしてご挨拶をするのが一番良いです。

 

ただし、引越しまでに時間が余裕があまり無い場合は、先に挨拶状をお渡しするという形でも良いです。

 

挨拶状には

  • 今までお世話になったお礼と感謝の言葉
  • 引越しの予定日
  • 新居の住所・連絡先

などを記載して、引越し前にお伝えをしておきましょう。

 

 

その他にも...

旧居で親しくしていた友人や知人には、早めに引越しのことを伝えましょう。

 

連絡が遅くなると、今後のおつきあいに影響がでることもあります。

 

今後もおつき合いを続けていきたい関係だったら、新居の住所等連絡を取り合う手段を事前にあなたからお知らせしておきましょう。

 

 

引っ越し日は...

引越しトラックの車両駐車や業者の荷物搬出など、隣近所の人に何かとご迷惑をかけることが多いので事前に一言ご挨拶をしておくことも大切です。

 

旧居・新居にかかわらず、事前に一言ご挨拶をしておくだけで、引越し時の騒音トラブルなどを未然に防いでくれます。

 

 

旧居のご近所へのご挨拶品は?

今後もおつきあいをしたい方でしたら、カタログギフト券≫などが良いでしょう。

 

隣近所の場合は、新居でのご挨拶品と同じ500円程度のモノで良いでしょうね。

 

楽天市場だと「のし付き」で500円以下の物がたくさんありますよ。楽天市場引越し挨拶品≫ 

 

物の中身よりも『ご挨拶をしっかりすること』のほうがはるかに重要です。

 

 

>引越し同一市内料金で損しない交渉術!相場見積りより激安にする方法

TOPへ